「谷」のつく名字の由来 名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 参考資料・文献 当サイト利用上の注意
地形由来の名字 「谷」の地名    

■ 四十物谷(あいものや) → 詳細

■ 茜谷(あかねや)
【2014/08/13:新載】
# 秋田県秋田市付近にまとまってみられる他、沿岸部の由利本荘市や山形県酒田市にもみられる。
# 秋田市の「〜谷」の名字の多くは「〜屋」の屋号由来といわれ、「茜屋」が語源か?

■ 泉谷(いずみや) → 詳細

■ 近江谷(おうみや)
【2014/02/22:新載】
# 秋田県北海道に多くみられ、屋号の「近江屋」から転じたもので、秋田市周辺にはこういった名字が多いですね。
# 北海道の松前町や函館市などにまとまってみられる。

■ 大谷(おおたに) → 詳細

■ 帯谷(おびや)
【2013/09/20:新載】
# 山形県最上郡真室川町に「帯谷(おびや)」さんがいる。

■ 海谷(かいや) → 詳細

■ 角谷(かくたに、すみたに、すみや)
【2013/11/19:新載】
# 全国的には「すみや」読みが多いが、関西では「かくたに」読みが多く、ついで「すみたに」読みが多い。
# 愛知県碧南市、新潟県湯沢町、和歌山県和歌山市に多くみられる。

■ 粕谷(かすや)
【2013/05/25:新載】
# 1087位
# 全国に約17300人【全国分布
# 藤原北家良門流、小野氏などにみられる。
# 関東地方山形県に多くみられ、特に埼玉県所沢市付近に多くみられる他、千葉県南部や山形県鶴岡市付近に多くみられる。
# 埼玉県:273位、山形県:280位、千葉県:409位、東京都:476位、栃木県:496位など。

■ 釜谷(かまや)
【2013/10/09:新載】
# 沖縄以外に広くみられ、特に石川県青森県に多くみられる。
# 加賀の釜谷氏は加賀国石川郡釜谷(石川県白山市)をルーツとする。

■ 神谷(かみや) → 詳細

■ 紙谷(かみや)
【2014/01/11:新載】
# 北陸地方と北海道に多くみられる
# 屋号の「紙屋」から転じたものが多いと言われる。

■ 亀谷(かめたに・かめや) → 詳細

■ 貫地谷(かんぢや) → 詳細

■ 京谷(きょうや)
【2013/12/26:新載】
# 沖縄県を除いた全国にみられる。
# 富山県秋田県北海道に多くみられる。

■ 桐谷(きりや、きりたに)
【2014/08/11:改編】
# 千葉県を中心とした関東地方に多くみられ、千葉県では市原市にまとまってみられる。
# 桐谷は一般には「きりや」と読むが、長崎県対馬や岐阜県高山市では「きりたに」と読む。
# 女優の桐谷美玲は千葉県の出身。ということは、ご先祖様の出身は岐阜県か長崎県の可能性が大か?
# 「桐谷」の地名

■ 熊谷(くまがい) → 詳細

■ 小谷(こたに、おだに)
【2014/09/14:新載】
# 西日本の名字で、特に鳥取県に多くみられる。
# 高知県では「おだに」読みが多く、京都府滋賀県、房総半島南部でも「おだに」読みが多い。
# 土佐の小谷(おだに)氏は土佐国安芸郡小谷(高知県安芸市小谷)をルーツとする。
# 小谷(おだに): 高知県安芸市。
・ 小谷村: 織豊期に土佐国安芸郡にみられた村名。「土佐物語」巻6姫倉金岡落城付小谷専当返忠の事によれば、永禄12年長宗我部元親が安芸国虎を攻めたとき、安芸氏の家臣小谷四郎右衛門が長宗我部氏に走り、長宗我部軍と間道伝いに小谷・稗尻を経て安芸城背後に道案内をしたという。この小谷四郎右衛門は当村の豪族であり、現在屋敷跡と墓が残っている。【角川日本地名大辞典】

■ 小森谷(こもりや)
【2014/05/04:新載】
# 関東地方の名字で、埼玉県茨城県栃木県の県境付近にまとまってみられる。
# ほとんどは埼玉県を中心とした関東地方にみられ、加須市や久喜市、幸手市などにまとまってみられる。
# 下野国芳賀郡籠谷(栃木県真岡市)をルーツとするともいわれる。

■ 小谷野(こやの) → 詳細

■ 古谷野(こやの) → 詳細

■ 是谷(これたに)
【2014/01/22:新載】
# 山形県東京都宮崎県などにわずかにみられる。
# 山形県では酒田市にみられる。

■ 渋谷(しぶや) → 詳細

■ 菅谷(すがや) → 詳細

■ 仙谷(せんごく)
【2014/03/22:新載】
# 稀少姓
# 瀬戸内海沿岸地方にみられる。
# 仙石と由来を共にする。
# 神奈川県川崎市多摩区菅仙谷、京都府船井郡京丹波町稲次仙谷の地名がある。

■ 染谷(そめや) → 詳細

■ 谷(たに) → 詳細

■ 谷内(たにうち)
【2014/01/17:新載】 
# 全国的にみられるが、特に石川県北海道富山県などに多くみられる。
# 石川県では金沢市、輪島市などを中心に全県下にみられる。
# 北海道では、主に道南に分布する。
# 「谷内」の主な地名

■ 谷垣(たにがき) → 詳細

■ 谷口(たにぐち) → 詳細

■ 丹後谷(たんごや) → 詳細

■ 問谷(といや・とんたに)
【2013/05/31:新載】
# 15108位
# 全国に約400人【全国分布
# 屋号の「〜屋」から「〜谷」に変化した例がある。

■ 忽滑谷(ぬかりや) → 詳細

■ 長谷川(はせがわ) → 詳細

■ 古谷(ふるや、ふるたに) → 詳細

■ 水谷(みずたに) → 詳細

■ 美谷添(みやぞえ) → 詳細

■ 向谷地(むかいやち)
【2014/10/18:新載】
# 青森県八戸市にみられる名字。
# ほとんどは青森県にみられ、そのほとんどは八戸市にみられる。
# 陸奥国三戸郡市川村向谷地(青森県八戸市市川町向谷地)をルーツとする。

■ 守谷(もりや)
【2014/04/09:新載】
# 瀬戸内海沿岸や東海地方から関東地方、そして宮城県北海道などに見られる。
# 「守屋」から変化したものが多いと言われる。

■ 谷地(やち) → 詳細

■ 山谷(やまたに)
【2014/09/08:新載】
# 北海道青森県をはじめとした東日本に多くみられる。青森県内では津軽地方に多くみられる。
# 青森県新潟県では「やまや」と読むが、関東地方でも「やまや」読みが多い。
# 第二次安倍改造内閣の山谷えり子国家公安委員長の本名は小川惠里子。

■ 芳谷(よしたに、はがや)
【2013/12/26:新載】
# 各地に点在する。
# 岡山県を中心に西日本に多いほか、秋田県山形県にもみられる。
# 岡山県では総社市にまとまってみられる。
# 山形県では東根市にまとまってみられる。
# 主な「芳谷」の地名

■ 葭谷(よしたに)
【2013/12/26:新載】
# 大半は大阪府にみられる。
# 主な「葭谷」の地名

名字の博物館 名字の様々な区分 名字の出自の流れ 名字の分布
都道府県毎の名字の特徴 関東地方の名字の特徴 東北地方の名字の特徴 名字と地名・都道府県編

名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細

統計表示